二日酔いになった時の対策



二日酔いに効く漢方薬

 

 

二日酔い対策に漢方薬を利用している人がいます。漢方薬はその人の体質に合わせた生薬を煎じて飲むものですが、最近は簡単に飲むことができるように1包ずつ包装されて販売されています。

 

 

二日酔いの症状の改善に効果のある漢方薬はいくつかあります。茵ちん五苓散・黄連解毒湯・黄連湯・五苓散・柴苓湯・三黄瀉心湯・梔子柏皮湯・半夏瀉心湯とよばれる漢方薬が二日酔いに効果のあるものです。

 

 

これらの漢方薬は効能に二日酔いを謳っていますが、それだけではありません。二日酔い症状のうち、下痢やむかつきに効果のあるもの、肝臓に働きかけるもの、のぼせやめまい、のどの渇きや胃腸炎、頭痛や吐き気に効果のあるものなど、漢方薬によって効果に違いがあるのです。

 

 

二日酔いに効く漢方だからと安易に手を出してしまうと、自分の症状に合わずに効果を実感できないこともあるので、漢方薬選びは慎重に行いましょう。

 

 

また、漢方薬や飲み方に特徴があります。漢方薬は吸収率の良い空腹時に飲むのが良く、煎じて飲むのに近い白湯で飲むのが最適だと言われています。お茶の代わりに飲むような感じでしょうか。

 

 

しかし、吐き気などが強い場合には白湯ではなく、冷水で飲むのが良い場合もありますので心配の方は漢方の専門医に指導してもらいましょう。